2018W杯本大会出場国FIFAランキング順(ポット分けの基準)

2018FIFAワールドカップロシア大会(組み合わせ抽選結果はコチラ>>)。

出場32カ国を、ポット分けの基準となった2017年10月16日発表時点のFIFAランキング順に並べてみます。

本大会直前、2018年6月7日発表のFIFAランキングはコチラ>>

12月1日の組み合わせ抽選の際のポット分けは、開催国ロシア(65位)以外、10月16日発表のFIFAランキングを「厳格に適用」して行うと言われています。

日本(44位)は第4ポットに入ることになり、ロシアと同じ組に入らない限り、本大会グループリーグの相手は、いずれもFIFAランク上「格上」になります。

上位7代表チーム

巷で言われているように、FIFAランキングを厳格に適用してポット分けをする場合、開催国ロシア(グループA)とFIFAランキングの上位7代表チームがシードされる(第1ポットに入る)ことになります。

1.ドイツ:1位(グループF

2.ブラジル:2位(グループE

3.ポルトガル:3位(グループB

4.アルゼンチン:4位(グループD

5.ベルギー:5位(グループG

6.ポーランド:6位(グループH

7.フランス:7位(グループC

上位8~15代表チーム

第2ポットに入る代表チームです(「○位」とあるのがFIFAランク)。

8.スペイン:8位(グループB

9.ペルー:10位(グループC

10.スイス:11位(グループE

11.イングランド:12位(グループG

12.コロンビア:13位(グループH

13.メキシコ:16位(グループF

14.ウルグアイ:17位(グループA

15.クロアチア:18位(グループD

上位16~23位

第3ポットに入る代表チームです(「○位」とあるのがFIFAランク)。

16.デンマーク:19位(グループC

17.アイスランド:21位(グループD

18.コスタリカ:22位(グループE

19.スウェーデン:25位(グループF

20.チュニジア:28位(グループG

21.エジプト:30位(グループA

22.セネガル:32位(グループH

23.イラン:34位(グループB

下位8代表チーム

開催国ロシアを除いた下位8代表チーム。第4ポットに入ります。

24.セルビア:38位(グループE

25.ナイジェリア:41位(グループD

26.オーストラリア:43位(グループC

27.日本:44位(グループH

28.モロッコ:48位(グループB

29.パナマ:49位(グループG

30.韓国:62位(グループF

31.サウジアラビア:63位(グループA

H組日程・星取表 ←日本はココ
A組日程・星取表 ロシア、ウルグアイほか
B組日程・星取表 ポルトガル、スペインほか
C組日程・星取表 フランスほか
D組日程・星取表 アルゼンチンほか
E組日程・星取表 ブラジルほか
F組日程・星取表 ドイツ、韓国ほか
G組日程・星取表 ベルギー、イングランドほか

スポンサードリンク

2018年6月15日ワールドカップ本大会

Posted by サッカー日本代表