2018W杯本大会・予備登録35人~海外組19人が1次選考突破?

2018年W杯ロシア大会に出場するサッカー日本代表メンバー予備登録35人が5月14日(日本時間15日早朝)までにFIFAに提出された。

35人の選手の名前は「非公表」とされた上、18日(金)に、ガーナ戦(30日)代表合宿メンバー28人前後が発表される運びとなっている。

とはいうものの…

海外組19人がネタバレか

伝えられているところによると、35人中、過半数にあたる19人がすでに「ネタバレ」しているという。

この19人はいわゆる「海外組」で、選手を拘束する必要性が高いことから、日本サッカー協会が早めに所属クラブと折衝するなどし、その過程でカミングアウトしたものと思われる。

「19人」の選手の名前

何かとお騒がせな本田圭佑、「スポンサー推し」のイメージが定着してしまった感のある香川真司を含む「1次選考通過」の19人は次のようになるという。

サカヲタから不満の声が続々

ネットでは、サカヲタたちから不満の声が続々。

堂安律や森岡亮太が1次選考すら通らなかったことに「怒り心頭」といった様子。

堂安律とは?

堂安律(19歳)は、2017年夏に、ガンバ大阪からオランダ1部FCフローニンゲンに期限付き移籍。

2017-2018シーズンのリーグ戦29試合に出場し、9ゴール4アシストの大活躍。シーズンのクラブMVPに選出された。

フローニンゲンは「買い取りオプション」を行使し、堂安と新たに3年契約を結んだほど。

フル代表での日本代表歴はなし。

森岡亮太とは?

森岡亮太(27歳)は、元ヴィッセル神戸で、現在はベルギー1部アンデルレヒト所属。

2017-2018シーズンの始め、同じベルギー1部のワースラント=ベフェレンへ、ポーランド1部シロンスク・ヴロツワフから移籍。

2018年1月に、ワースラント=ベフェレンから現在のアンデルレヒトに移籍。

2017-2018シーズンは、ベルギーリーグで41試合に出場し、15ゴール13アシストの大活躍。

日本代表での出場は、2014年9月5日のキリンチャレンジカップ・ウルグアイ戦、後半44分からのみ。

2017-2018シーズンの活躍により、2017年11月の欧州遠征に約3年ぶりに選出された。

1日前には別の報道も

ちなみに、1日前・5月15日には、「堂安予備登録メンバー入り」の報道もあった。

「紅白出場内定」と同じで、結局のところ、この手の報道には「誰も責任を負わない」のが基本なので、すべてが確定するまでは「ふーん…」でいいのではなかろうか?

<メンバー絞り込みまとめ>

5/14(月)予備登録メンバー35人決定(非公表)

5/18(金)vsガーナ戦合宿参加メンバー27人発表

5/30(水)vsガーナ戦

5/31(木)最終メンバー23人発表

スポンサードリンク